2014年10月29日水曜日

コントアーマックススポーツ買っちゃったw

最近になって朝晩が冷えますね~

指切りグローブでは冷え冷えです

通勤で運ぶ荷物が増え、今まで使っていたオルトリーブのシートポストバッグMではいよいよ限界に。これはイカンと、物欲に負けてポチッとしてしまったw

それは・・

RIXEN&KAUL コントアーマックススポーツ

僕が知っているシートポストバッグでは最大級の大きさ。ここまできたら中途半端に大きい物を買ってもねw

実はもう一つ悩んでいたものがあったのですが・・

RIXEN&KAUL コントアーマックスツーリング

上記のツーリングは長さ350×幅280×高さ250mmで9L。
対して今回買ったスポーツは長さ380×幅280×高さ220mmで10L。

実際はツーリングのほうが物を詰めやすいらしいのですが、その丸っとしたスタイルがちょっとロードバイクには合わないんじゃない?と思ったのでスポーツを買いました。

で、その寸法を見て大きいだろうなあ・・と思っていたのですが・・

・・・

やっぱり大きかったw


でも、デザインが・・なんて言うんだろう?シュッと尻上がりになっているので・・

こう見るとそんな大きさを感じない

あ、上記の写真ではバッグがリアタイヤに擦っているように見えますが・・

考えられていますね~w

ちなみに底面はリアフェンダー代わりになるように、厚底で防水です。

この強固なアダプターw (耐荷重は3kg)

そうそう、スポーツを選択したのはジャケットホルダーが便利そうというのもあります。

これがけっこう重宝するんですよ

メインの荷室?は・・

こんな感じ

ちなみに大きさ的には2Lのペットボトルも入りますw また厚いクッション材で覆われているので一眼レフカメラとレンズなんか入れても良さそう。持ってないけど。

サイドポケットには・・

ロングパンツ(作業着)も入ります
雑誌は入りませんw

リアポケットには・・

ウィンドブレーカーや財布が入ります

そうそう、こんなのも付属してました。

シャンプーハット

これで出先でもシャワーを・・って違いますw レインカバーです。

こんなふうに取付・・
これであってるのかしら?

ま、とりあえずこれで積載で困ることはなくなりました。

なかなかいい感じ

果たしてバッグ探しの旅はこれで終着駅についたのだろうか?・・

そうであってほしいw


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. コントアーマックスツーリングの方が8cm位重心が高くなります。
    マックスが付かないコントアースポーツだとマックススポーツより6cm位重心が低くなります。
    分厚いクッションは必要ないのですけど取り出せないですかね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      重心ですか。全然考えていなかったです(汗) 確かにツーリングとスポーツではフレームの通る位置が違いますね。

      クッションは板状のスポンジが入っているだけのようですが、縫製をほどかないと取り出せないみたいですね。確かにこれを取り外せばかなりスペースが広がりますね・・(笑)

      削除
  2. マックススポーツ、いい感じですね!

    僕もこのシリーズでは
    スタイルが気に入りマグナムを愛用しています。

    ただ・・・
    その位置でのウエイト増は高い重心位置となり走行安定性に影響されるので
    なんとも悩ましいところ。

    ・・・ということで次の旅立ちを期待してますwww

    返信削除
    返信
    1. いい感じですか?おひとついかが?w

      たしかにこのバッグに変えてから自転車の挙動が変わった気がしますね。matzさんが言っていた振られる感じがします。下りのブレーキは安定度UPですがw

      旅立ち・・これって途中下車だったの?ww

      削除
  3. どんどんでかくなってますね(≧∇≦)
    そのうち10円を後ろに取り付けたときのチョロQのようにウイリーしそうですね(笑)
    その量をバックパックで背負うことを考えたら、そっちのほうが断然いいですけどね!

    返信削除
    返信
    1. そうなのです。荷物が増えるから~好きでやってるわけではないのですw
      ウィリーしたらサガンみたいでかっこいいですがw

      さすがにこの大きさ・重さになるとペダルが重い・・バックパックだと重くてもそれを感じないので、肩の違和感と背中のムレさえなければいいんですけどね。

      削除

コメント投稿出来ない場合はコメントの記入者の『名前/URL』を選択してください。