2017年5月14日日曜日

ポキポキ骨折ストーリーw (シートポストバッグはしっかり固定しよう)

あまりにもお恥ずかしい話なのでブログにアップしようか迷っていたのですが・・

骨折しました(*´∀`*)

でもヒビが入った程度で今日までにかなり良くなったので前向きに記事にしたいと思いますw

あれは忘れもしない8日(月)の朝・・

いつものように早朝からジテツウ。自宅を出てしばらくするといつもと違う感覚に気付きました。

バイクが後ろの方から左右に振られる感覚が強くなってきたのです。

僕はジテツウ時、大きめのシートポストバッグを付けているのですが、

リクセン&カウル コントアーマックススポーツ

このバッグには弁当・着替え・ポンプなどが入っており、内容物だけで4kg近くあると思います(バッグの許容重量3kgを超えています・・)。

この時はなんかバイクの調子が悪いなあ?としか思わず、そのまま走り続けてしまいました・・。

その結果・・



動画の開始時からかなりふらついてますね。そしてついにハンドル切ってもバイクがいうことをきかなくなり・・

左に寄り、段差にハマって激突です(^^;)

この時でさえなんでこんなにふらついた?ハンドルが言うことを聞かない?としか考えなかったのですが、あとで点検してみると・・

シートポストに固定するアダプタがグラグラでした

シートポストバッグごときでコントロール不能になるわけないだろう?と思う方もいらっしゃるでしょうが、総重量5kgを超えるバッグが左右に振られるたび、その振り子効果はバカにできないものがあります。

後の祭りですが、異常を感じたときにすぐ止まって点検すれば・・この事故は防げたと思います。

骨折した人差し指の根本は腫れ上がり・・
簡易的に固定w

先生にお願いしてガチガチに固定せず、指は動かせるようにしてもらいました。骨はヒビのみでくっついているので、怪我当日から動かせる範囲は動かすようにしました。

その結果・・まだ1週間ぐらいですが腫れも治まり指はだいぶ動くようになりました。

よし・・早く自転車乗るぞw

いや、もちろん猛省してますよw


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

10 件のコメント:

  1. う~ん、えぐい画像を見てしまった(゜o゜)。
    と冗談はさておいて、かなり痛そうで思わず顔をしかめてしまいましたよ!。
    まずは早く治す様にご自愛くださいね。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。いい歳して泣きたくなるぐらい痛かったですw

      もう1週間も自愛してるので、車通勤に飽きてきましたw

      削除
  2. あらら・・・。

    この際、リアキャリアにしちゃいますか!w
    と冗談はさておき

    お大事にしてくださいね!

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます(^^)

      リアキャリアにするとあれもこれも・・って積み込んじゃって大変な負荷になりそうなのでやめときますw

      削除
  3. 大変でしたね
    煮干しをいっぱい食べて早期完治を目指して下さい

    やっぱり次は前カゴですね…

    返信削除
    返信
    1. すぐ点検すれば防げただろう事故だけに自分に呆れております(笑)

      もうサプリからなにまで食べまくってますが・・前カゴは巨大なのが必要ですね^^;

      削除
  4. 指で済んでよかったですね。
    あの鉄柱に頭ぶつけてたらと思うと,ラッキーですよ。
    1点支持のものは,重量物が支点から遠いところにあるほどよく揺れます。また,パッグの揺れの固有振動数と,ペダリングのリズムがピッタリ合うと,揺れの効果も最大になりますので,試してみてください。
    と冗談はさておき,ご自愛ください。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。

      でもそんなに理路整然な事書かれると試したくなっちゃうじゃないですか(笑)いえ、もうあんな怖いことは味わいたくないですから(^_^;)

      削除
  5. お怪我は大丈夫ですか?
    ドラレコ映像ヒヤッとしました。電信柱に激突してたら・・と考えると恐ろしいです。車でもスモールオフセットといってかなり過酷な衝突条件ですし…。お大事になさってくださいね。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。無理に動かさなければ痛くないところまで回復しました(^^)

      フェンスと電柱の間にスポッとハマった感じですW もっと隙間があればそのままスルー出来たと思うと惜しかったですが(笑)

      削除

コメント投稿出来ない場合はコメントの記入者の『名前/URL』を選択してください。